メニュー

消化器内科

消化器内科とは

消化器内科は、食道、胃・十二指腸、肝臓、胆のう・胆管、すい臓、大腸など消化に関わる臓器の異常を診察する診療科です。

消化器内科でご相談を希望の方は、院長外来(月曜日、火曜日、金曜日、土曜日)もしくは有馬先生の外来(木曜日)にお越しください。

消化器内科系疾患のよくある症状

  • 便秘や下痢が治らない。
  • 便に血が混じる。
  • 血便がある。
  • お腹が痛い。
  • 胃が痛い。
  • 胸焼けがする。
  • おしりが痛い。
  • できものがある。

痛みや出血を伴うことが多いため、比較的に自分自身で異常を感知しやすいかもしれません。

しかし繰り返しになりますが、良い治療の始まりは早期発見です。

市の検診や人間ドックには定期的に行き、医師から精密検査を勧められた場合には、小さな異常を軽視せずにぜひ受診をご検討ください。

消化器内科系の主な病気

消化器系の代表的な病気としては、食道系は逆流性食道炎・食道がん、胃・十二指腸系は胃潰瘍・胃がん、肝臓系は肝炎・肝臓がん、胆のう・胆管系は胆石・胆のう炎・ポリープ、すい臓系は膵炎・膵のう胞・すい臓がんなどがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME