メニュー

呼吸器内科

呼吸器内科とは

呼吸器内科は、肺など呼吸に関わる臓器の異常を診察する診療科です。

呼吸器内科でご相談を希望の方は、院長外来(月曜日、火曜日、金曜日、土曜日)もしくは榊原先生の外来(水曜日)にお越しください。

呼吸器系疾患の症状の具体例

  • 息苦しい。
  • 息切れがする。
  • 呼吸がしづらい。
  • 胸痛がする。
  • 咳がとまらない。
  • 痰がからむ。
  • ゼーゼーと息をする。
  • ヒューヒューと息をする。

「呼吸がしにくくなった」という症状があれば、呼吸器内科にかかることをご検討ください。

呼吸器系の病気

代表的な病気としては、ぜんそく気管支炎慢性閉塞性肺疾患(COPD)アレルギーの病気、肺炎、肺気腫、サルコイドーシス、気胸などが一般的な呼吸器疾患です。

呼吸器の病気は、主に喉から肺にかけて起こります。呼吸に関する病気ですので、苦しくなったり、呼吸困難になったりします。単なる発熱であっても、肺炎に至るなど、最初は大したことがない症状でも、長引いたり、大事に至るケースもあります。当院では、患者さんの症状にあわせて正確な診断を行い、最適な治療が選択できるように丁寧な診療を心がけています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME