メニュー

頭痛、片頭痛の診断・治療

頭痛、片頭痛頭痛の初期対応

頭痛は安易に自己判断せずに医療機関にご相談ください。

頭痛は、軽度な頭痛とは限らず、脳卒中や髄膜炎など、死に至る危険性の病気の発症を知らせている場合があります。

どんな頭痛であっても決して軽視せず、医療機関にご相談していただき、適切な初期対応を心がけてください。

当院の院長は神経内科の専門医です。お気軽に相談ください。

MRI検査など精密検査が必要と判断される場合には、近隣の医療機関をご紹介します。

頭痛の種類

日本人の3~4人に1人が頭痛持ちと言われています。頭痛には代表的な3つの種類があり、緊張性頭痛、片頭痛、群発頭痛です。

それぞれ症状が異なります。頭痛が発症した際には、どのような痛みか、痛みの場所、痛む頻度、発症時の条件(例えば雨の日や特定の時間帯など)について、できる限り細かい情報を医師にお伝えください。

緊張型頭痛

頭痛の症状を訴える方の多くが緊張性頭痛です。

精神的なストレスや身体的なストレスまた筋肉の緊張など、様々な要因が複雑に絡み合っておこる頭痛と考えられています。

後頸部からはじめる鈍痛で、頭を締め付けられているような感覚を覚えることが多い頭痛です。他には、肩こりを伴うことが多いのが特徴です。

イブプロフェンなどの NSAIDs、解熱鎮痛薬、抗炎症薬、筋弛緩薬、抗不安薬、抗鬱薬、漢方薬の服用による治療や、ストレッチなどの運動による治療等があります。

治療方法に絶対的な正解はなく、個々人に合わせて複数の治療方法を試していくことが多いです。

治療方法だけではなく、ストレス性であればストレスの原因を特定することも完治に向けた第1歩です。

片頭痛

男性よりも女性のほうが症状を訴えることが多いとされている頭痛です。

片頭痛という名前の通り、頭の片側だけに痛みが生じる場合が多いです。また、ズキンズキンと脈を打つようなペース(拍動性)で痛みを感じる人が多いです。

日常生活に影響があり、動くとがんがん響いてつらく寝込んでしまうこともあります。

吐き気がして実際吐いてしまうこともあります。また光、音、においに過敏になることもしられています。

群発頭痛

1年から3~4年に数回程度、1か月から数ヶ月に渡る程度で、ある特定の期間に限り毎日のように決まった時間に発症する場合が多いのが特徴です。

片方の目の奥からこめかみあたりにかけて、突き刺すような激しい痛みを感じる人が多い頭痛です。

発症する法則性を見つけづらいタイプの頭痛であるため、気に留めずに受け流してしまう人も多いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME