メニュー

神経内科

神経内科は、脳や神経、筋肉などの異常を診察する診療科です。

神経内科でご相談を希望の方は、院長外来(月曜日、火曜日、金曜日、土曜日)にお越しください。

症状の具体例としては、頭痛、体のある部分に感じるしびれ、めまいや立ち眩み、いつもより歩きにくい、ふらつく、むせ、しゃべりにくい、笑いにくい(顔の半分が動かない)、物が二重にみえる、手足や体が勝手に動く、もの忘れ、意識障害などです。

代表的な病気や疾患としては、認知症(アルツハイマー病など)頭痛、片頭痛パーキンソン病めまいてんかん多発性硬化症筋萎縮性側索硬化症(ALS)などが挙げられます。

神経内科系の症状は、脳卒中などの重大疾患の前兆である場合があります。脳卒中などは、日本人の死亡原因の上位にある病気であり、死亡は免れたとしても重い後遺症が残る可能性が高い病気です。発症してからの治療は大変難しいので、発症する前の予防がとても大切です。定期的な診察や検査を行い、ご自身の健康状態をしっかりと把握して予防を心がけましょう。

また、当院の神経内科ではもの忘れ外来も行っております。院長外来の際にご相談していただけます。

 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME