メニュー

循環器内科

循環器内科とは

循環器内科は、主に心臓と血管に関係する病気を診療・治療する診療科です。人間にとって大事な心臓はもちろん、心臓から全身へ血液や栄養を送るための冠動脈、大動脈、血圧等の重要な器官に異常のサインが出ていないかも診察します。

循環器内科でご相談を希望の方は、院長外来(月曜日、火曜日、金曜日、土曜日)にお越しください。

循環器内科系疾患のよくある症状

  • 胸が痛い。
  • 胸が締めつけられるような感じがする。
  • 重苦しい感じがする。
  • 背中が痛い。
  • 脈が突然速くなるまたは遅くなるときがある。
  • 手足がむくむ。
  • 手足がしびれる。
  • だるさや倦怠感がある。
  • お腹あたりで拍動を感じる。

体調不良を感じた方はまずは循環器内科外来へお越しください。

循環器内科系の主な病気

上記のような循環器系の症状・疾患は、不整脈心不全虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)のような大病の予兆である場合も考えられます。循環器系の症状は外傷としては現れにくいため、体調の異変に気付きにくく、「ちょっと体調が悪いかもしれないけど、気のせいかな?」と見過ごしてしまいがちな分野です。

循環器は心臓をはじめ、人間が生命を維持するために必要不可欠な機能を持っています。循環器科の病気は、見えないうちに悪化し、また発症した時には重篤になってしまっている危険性も高いものです。循環器内科では、体の症状を診察して、重篤化する前に予防、治療を心がけます。健康を維持する方法は、「発症する前から定期診察を受けて予防する」ことです。循環器に少しでも不安を感じる方は、定期的に循環器内科へお越しください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME